その頭痛の原因、わかりますか?

こんにちは!

旭川骨盤矯正サロン マジカルボディ旭川の大川です!

みなさん、頭痛の経験はありませんか?

たぶん、ほとんどの人が一度は経験されていると思います。

そして、多くの人が日頃から悩まされていると思います。

頭痛にはいくつか種類があり、どんな些細なことでもその原因になり得ます。

今回は頭痛の中で最も多く、誰にでも起こる“緊張型頭痛“についてお伝えします!

緊張型頭痛とは

よく「筋肉が緊張している」という言葉が使われますが、これは筋肉にずっと力が入っている状態を指します。

頭の周り〜首〜肩〜背中にかけての筋肉はさまざまな理由で緊張し、

緊張が続くと筋肉は硬くなり、筋肉の中にある血管を圧迫してしまいます。

血流が悪くなると、筋肉が疲労し、神経が刺激され痛みが出てきます。

これが“緊張型頭痛“です。

症状

  • 後頭部を中心に頭の両側・首筋に痛み
  • 頭を締め付けられているような圧迫感
  • 何かを乗せられているような重だるさ
  • 肩・首・後頭部のこり、めまい

などの症状が見られます。

ひとつだけ当てはまる人もいれば、全て当てはまる人もいます。

これが数時間から一日、長ければ数日間続く場合もあります。

頭を動かしても痛みがひどくなることはないので、日常生活に支障はないとは言われていますが、痛みがあるという時点で辛いし、気分も下がってしまうので、原因を見つけてしっかり解消しましょう!

原因

一番の原因は、不自然な姿勢を長時間続けることです。

パソコン作業などのデスクワーク、スマホの操作、ゲーム…などは、頭が下がり前かがみになります。

頭はとても重いので、それを支える肩や首にはかなりの負担がかかり、それが「筋肉が緊張している」状態です。

長時間の運転や、高さの合わない枕で寝ることも、肩や首の緊張状態が長く続くことにつながります。

また、心身のストレスも大きな原因の一つです。

冬の寒さや夏の強い冷房など、身体の冷えは血の巡りを悪くさせます。

不安や緊張、仕事のプレッシャー、人間関係の悩みなど、精神的ストレスも体をこわばらせ、頭痛を引き起こします。

解消法

痛み止めの薬や漢方は一時的なもので、根本の解決にはなりません。

原因を見つけ、それを取り除く必要があります。

姿勢が原因であれば、お仕事などのすきま時間にストレッチマッサージをしましょう!「姿勢を正しくするぞ!」という意識が大切です!

また、適度な運動で筋緊張をほぐしたり、

おうちでのんびりリラックスした時間を過ごし、温かいお風呂に入ることで血行が改善されます。

ホットタオルを肩に乗せたり、温かい飲み物を飲んで身体を温めるのも効果的ですよ◎

精神的なストレスが原因だと感じる人は、できるだけ環境を変えたり誰かに相談してみるなど、ストレス要因を取り除くのが一番です。

ですが、それは簡単なことではないしなかなか難しいと思います。簡単に取り除けるのであれば、頭痛になるまで溜め込まないですから。

なのでまずは、自分の身体を癒すことから始めましょう!

何も考えず、やりたいことだけやって、食べたいものを食べましょう!

たまにはそんな日があったっていいんです◎

片頭痛との判別

緊張型頭痛と片頭痛の判別は、決定的な検査方法がないためとても難しいです。

痛みの感じ方・頻度・時間帯…などを記録し、病院を受診してお医者さんに正確に伝えるか、自分で分析するしかありません。

  • ズキン、ズキンと脈を打つような痛み
  • 頭を動かすと痛みが増す
  • 吐き気、嘔吐

これらの症状があれば、片頭痛の可能性が高いです。

片頭痛の場合、温めたりマッサージをすると逆効果となり、痛みが悪化してしまうので注意しましょう。安静が一番です。

セルフケア

肩周りのストレッチであれば、座ったまま簡単に行えます!

①背中を反らす & まるめる

腕を真上に伸ばし手を組み、ゆっくり時間をかけて息を吐きながら背中を反らします。

反対に前で手を組み、ゆっくり息を吐きながら背中をまるめます。

背中の伸びをしっかり意識しましょう。身体を横に倒すのもGoodです!

②首をまわす

首を大きくゆっくりゆっくりまわします。2〜3回まわしたら、反対にもまわしましょう。

首を倒した状態で5〜10秒ほど止めるのも効果的です◎(前後左右)

③肩を上げて、下ろす

両肩を上に上げ、瞬間的に力を抜いてストンと下ろします。前から上げたり、後ろから上げてストンと下ろすのもやりましょう。

そうすると力が抜けて、前に出ていた肩の位置も良くなります。

他にも手を肩に触れながら肘を回して肩甲骨を動かしてみたり、肩周りや首筋を軽くマッサージしてみてください!

痛いと感じる手前の、「イタ気持ちいい」が目安です◎

お仕事の合間、家事が一段楽した時…など、痛みが出てからやるのではなく、痛みが出る前の予防としてこまめに行ってみてください!

もちろん痛みが出てしまった時でも、痛みの緩和になりますよ!

頭痛のない生活を

頭痛は「寝込むほどではないけど、何もできない・したくない」と思わせてきます。

どこかに痛みがあるというだけで、一日がどんよりとしてしまいがちです。

だけど仕事をしなくちゃ、家事をしなくちゃ…と、無理して頑張ってしまう人ほど頭痛はやってきます。

痛みは体からのサインです!

気力や薬で誤魔化さず、しっかり休息をとりましょう!

理想は体がサインを出す前に、定期的に自分の身体を労り、痛みのない生活を送ることですよ◎

最後まで読んでいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.

大川奈々

柔道整復師の国家資格を取得後、整骨院・デイサービスで身体の治療やケアについて学ぶ。治療家としてさらに学びを深めたいと思っていたときにマジカル骨盤矯正に出会い、自身の身体の変化に感銘を受ける。同じ感動を味わってもらうため、多くの人の身体の不調や姿勢の悩みを解消するため、日々学んでいる。

友だち追加