“綺麗な肩“手に入れませんか?『視覚』から巻き肩を解消して美しい姿勢へ

こんにちは!

旭川骨盤矯正サロン マジカルボディ旭川、大川です!

みなさんは、横から見た自分の姿勢をご存じですか?

私、大川は昔から巻き肩で、猫背で、首が前に出ていて…と、とても姿勢が悪かったのですが、

自分自身にそこまで自覚はありませんでした。

(横から撮った写真を見て驚きました。)

理想は、頭から足先まで真っ直ぐ一本の線が通っているような姿勢です◎

しかし自分の肩の位置はどこなのか、正しい位置はどこなのかよくわからない方も多いのではないでしょうか?

ご来店くださるお客様でも「こんなに胸張ったら偉そうに見えない!?」と驚かれる方もいらっしゃいます。

自分の感覚では胸を突き出しているように思えても、実際に横から見てみるとそれがまっすぐなのです。

クセが染み付いていると、なかなか戻すのは難しいです。

今の私もまだ正しく美しい姿勢とは言えませんが、今回は“大川なりのポイント“をお伝えします!

巻き肩について

巻き肩をイメージ

人を上から見た時に、左右の肩と背中が一直線になっているのが理想です。

しかし巻き肩があると肩が前に出ます。

こういうイメージを頭の中に入れておくのも大切です!

不調も起きる!

巻き肩によって起きる不調は以前お伝えしましたが、

私も、今でも全く意識せずにスマホをいじったりデスクワークをしていると、とんでもない姿勢になっていることがよくあります。

そんな姿勢をとっていた後に体を起こすと、背中までが「イテテテ…」となります。

当たり前なんですけど、やってしまいます。

見た目だけでなく、張りや痛みにまでつながってしまうので要注意です!!

綺麗な肩になるポイント

なりたいイメージ

先ほどの巻き肩と共に、自分がなりたいイメージを持つことが大切です!

漠然と姿勢良く〜と思うより、

「このモデルさんみたいになりたい」「身近なあの人の姿勢が綺麗!」など、

具体的なイメージを持っていると、脳も意識しやすいです。

特にイメージがない方は、こちらの画像を脳にインプットしてみてください◎

自分の姿勢をしっかり把握!

私が1番おすすめしたいのは、

鏡をたくさん見る!!!

ということです。

特に“横から“の自分の姿です!

腕と背中が一直線になっているか、先ほどのイメージと今の自分を比較してみましょう!

そして、自分の理想と重なるように少し肩を動かしてみてください!

“視覚“で姿勢をしっかり把握し、“感覚“を体に覚えさせることで、

鏡のないところでもその姿勢を作れるようになってきます!

脳は今の肩の位置を正しいと思い込んでしまっているので、何度も鏡を見て、脳と体に学習させることが必要です!!

お仕事中のイスの上でふと姿勢の悪さを感じた時に正しい姿勢ができるよう、しっかり体に覚えさせましょう!!!

ストレッチで学習

肩甲骨に力を入れ、中央に寄せるように後ろに引き(できる限り)(背中は反らしすぎず)

10秒ほど肩甲骨を寄せたら、ゆっくり力を抜きます

難しい方は、後ろで腕を組んで寄せるとやりやすいです!

巻き肩を改善するには、肩甲骨の位置が重要です!

これを1日の間に何度か、または巻き肩に気づいた時などにやっていただくと、「肩甲骨を寄せる」という状態を体に学習させることができます!

肩甲骨が硬い方にはストレッチにもなるのでおすすめです◎

しっかりほぐしましょう!

今回私がおすすめした方法は、合う方・合わない方いらっしゃると思いますが、

ただ、「自分の姿勢に意識を向けていただきたい!」ということです!!

今、肩甲骨を寄せた時に(または普段から)つらさや動きの悪さを感じる方は、先に筋肉の張りや硬さをとる必要があります!!

無理に動かしてしまうと逆に痛めたり、間違ったクセづけをしまう可能性があるので、無理せずほぐすところから始めましょう!

マジカルボディ旭川では肩周りをしっかりほぐします!

さらに、お客さまひとりひとりに合わせたストレッチ方法や姿勢の作り方をお伝えします!

自分の姿勢が気になる方は、いつでもご相談ください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

大川奈々

柔道整復師の国家資格を取得後、整骨院・デイサービスで身体の治療やケアについて学ぶ。治療家としてさらに学びを深めたいと思っていたときにマジカル骨盤矯正に出会い、自身の身体の変化に感銘を受ける。同じ感動を味わってもらうため、多くの人の身体の不調や姿勢の悩みを解消するため、日々学んでいる。

友だち追加